手芸アドバイザー認定試験口コミ評判

手芸クラフト

手芸アドバイザーとは、カーピングやギャザーといったクラフトの知識と技術を理解している方に与えられる資格です。
自分でオリジナルのものを作りたいという方が増え、講師として手芸アドバイザーの需要が高まっています。
また、手芸店などでハンドメイドの材料に悩んでいる方、迷っている方からの相談に対してアドバイスをして販売に繋げることもします。

手芸アドバイザーの仕事、役割

趣味として手芸を嗜む方は多くいます。インターネットの発達により、パソコンやスマホを使い自分の作品を発信することが容易になったことで、更にレベルの高い作品を作りたいと思う方が増えています。
また、インターネットを使い、自分で作成したオリジナルの作品を商品として販売する方も増加しています。
手芸アドバイザーはそういったニーズに応え、手芸教室やカルチャースクールで講師として活動します。知識を活かして自分で作成し、販売する方も多くいます。
手芸店などで消費者が材料や用具で迷っている方にアドバイスして販売に活かすことも手芸アドバイザーの仕事です。
これから手芸を始める方などに、その手芸に合った用品や材料をオススメします。作りたい物に合わせた案内が必要となるため、手芸に関した多岐に渡る知識が求められます。

手芸アドバイザー認定試験の口コミ

趣味を仕事に活かすことができる魅力があります。もともと趣味として手芸を楽しんでいる方が受験されることが多く、好きなことを仕事にできます。
自分の好きなものづくりを教える講師としての活動も人気です。
試験を通して更に知識が深まるとの口コミもあります。
また、知識を活かし自分の作品を販売する方からも人気があります。手芸のジャンルは幅広く、編み物や刺繍から皮の加工などまで多岐に渡ります。
知識を活かした作品を作成し、インターネットや店頭で販売する際にも役立てられます。
手芸店以外にも花屋、雑貨店などでも役に立ちます。ディスプレイにアクセントを加えたり、イベントなどでちょっとしたプレゼントを渡すなど、他店との差別化を計ることができます。手芸業界以外では資格を持つ人も少ないので、重宝される資格です。
また、プライベートでも生活に潤いが出るとの口コミも多いです。
世界にひとつだけの自分だけのオリジナル作品を身につける楽しさや、プロのレベルでお揃いのグッズをプレゼントすることもできます。
好きな異性に女子力をアピールできることも女性からの人気の理由になっています。
年齢に関わらず楽しめる趣味なので、老若男女問わず交流できるのも魅力のひとつです。

手芸アドバイザー認定試験の概要

試験は在宅受験の形を採用していますので、忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に住む方にも受験しやすくなっています。
受験は日本生活環境支援協会のホームページから申し込めます。
申し込みをすると日本生活環境支援協会から試験問題と解答用紙が郵送されてきます。受け取りの際に代引きの形で受験料10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%の評価を受けることで合格となり、晴れて手芸アドバイザーになれます。
また、団体に代金を支払い、申請すると合格認定証や認定カードなどが発行されます。
勉強方法は独学から通信講座まで個人によって選択は色々ありますが、初心者の多くは通信講座を選ぶ方が多いようです。
講座によっては受講して卒業まですると試験が免除され、資格取得できるものもあります。
また、手芸アドバイザー、クラフトハンドメイドマイスターの2つの資格が取得できる講座も人気です。
ハンドメイド  ハンドメイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です