服飾インストラクター認定試験口コミ評判

ファッションデザイナー

服飾インストラクターとは、色使い、着こなし方、デザインなどの服飾に関する知識を持っていると認定された人に与えられる資格です。
数多くの商品の中からアイテムや組み合わせを提案してくれるショップ店員一人で売り上げが大きく変わる場合も多くあります。
知識を深めその人その人に合ったファッションを提案することが主な仕事になる場合が多いです。
また、経験と実績を積むことで企業に直々に依頼され、服飾に関する知識やコーディネートの提案などを指導することもあります。独立し、セミナーや講座を開設し講師として活動することもできます。

服飾インストラクター認定試験の口コミ

ファッション業界に従事されている方は特に資格が役に立ちます。受験される方の多くはファッション業界に従事されているようです。
ショップの店員として働く際には特に資格は必要ではありませんが、資格に裏付けされた自分自身に対する自信が身につき、お客様に提案する時に自信を持って接客ができるようになったとの口コミもあります。
資格を取得することでお客様からの信頼度も上がり、また、企業から必要とされる人材にもなります。
キャリアアップ、ステップアップにも繋がりやすい資格です。
アパレル・ファッション業界は今後も衰退することは無いといわれる産業であり、現在も伸び続けています。
季節や流行により様々なファッションが移り変わる現代において非常に需要のある仕事です。
これからアパレル・ファッション業界に就職、転職を考えている方は、自分がどれだけファッションについて詳しく知識があるか、それだけの興味があるということ、それを第三者に認められているという資格は面接で非常に有利に働くことが多く、そういった方から高い人気があります。
また、自分自身のファッションのレベルも上がったとの口コミもあり、仕事以外の自分磨きとしても役立っています。

服飾インストラクターの仕事

服飾のショップに従事されるならお客様にコーディネートを提案したり、相談に乗り求めているアイテムをオススメするのが主な仕事になります。
また、マネキンにオススメの商品をコーディネートし、商品の組み合わせ方などを提案し展示することもあります。
近年ではカリスマ店員との呼称も一般的に普及していることからもショップ店員の提案力がいかに注目されているかが伺えます。
お客様に合った上手な提案をできるようになると、企業からスタッフの指導などが依頼されるようになり、講師としても活動することも可能になります。
また、そういった指導ができる人材が不足していることもあり、インストラクターとしてのプロが必要とされています。
服飾インストラクターとして店員を育てるのも重要な仕事です。

服飾インストラクター認定試験の受験方法

試験は在宅受験の形が採用されているので、忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に在住されている方も受験しやすくなっています。
受験は日本インストラクター協会のホームページから申し込みできます。
申し込みをすると試験問題と解答用紙が日本インストラクター協会より郵送されてきます。受け取る際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価で合格となり、晴れて服飾インストラクターとして認定されます。
合格し、団体に代金を支払い申請することで合格認定証や認定カードなどを発行してもらうこともできます。
また通信講座を利用する方も多く、中には受講し卒業することでファッションデザイナー服飾インストラクターの2つの資格を試験が免除され取得できるものや、受験料が割引になるものもあります。
ファッション  スタイリスト資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です