建築模型技工士インストラクター認定試験口コミ

模型

建築模型技工士インストラクター認定試験とは、スタディー模型、プレゼンテーション模型、検討模型、説明模型、体験模型、比較模型、原寸模型などを十分に理解し、実務において通用するレベルまで達した方へ認定されるものです。
資格取得後は知識を利用して講師活動ができます。

コンピュータでは表現できないリアルさ

現代ではコンピュータ技術が発達し、3Dなどのリアルな建物の表現ができるようになりました。
コンピュータグラフィックス、プロジェクションマッピング、立体ディスプレイなど、建物を実際に建築する前にリアルなイメージをすることができるようになりました。
しかし多くの企業はこれらの機材の導入や、プログラミングやデザインの技術や時間が必要になるため、コンピュータを使わず建築模型を用いてイメージします。
また、模型を使った検証はCGに比べると具体性が高く、コンピュータ技術を用いる企業でも重要な箇所は模型を作ります。
具体性の高さからデザイン性の高いビルや住宅の概観、駅舎の導線など、住民や使用者に説明する際にも模型を用いる場合が多くあります。

建築模型技工士インストラクター認定試験の口コミ、評価

建築業がもともと人手不足の業界でもあり、技工士も、その技術を教える講師も不足している為、需要が高くあります。
また、現在建築業界に従事されている方も知識の充実、スキルアップの一環として受験されています。
建築模型技工士インストラクターは履歴書の資格欄に記入することができるため、転職や就職する際に自己アピールに活用することができます。
趣味で模型製作をされている方も、より精巧な模型を作成するために資格を取得されることもあります。
また、趣味の模型製作を仕事に活かすために本格的な模型製作の技術を習得しようと受験される方も多くいます。
資格取得後は建築模型技工士として独立することも講師として活動することもできます。

試験概要、内容について

試験はすべて自宅でできる在宅受験になります。
申し込みは日本インストラクター協会のホームページの受験申し込みからできます。
後日、協会より試験問題と解答用紙が送られてきます。
受験費用は10000円となり、試験問題と解答用紙を受け取る際に、代引きとして支払います。
試験期間内に回答し、郵送で解答用紙を提出します。70%の評価を受けたら合格となり、資格を取得することができます。
また、団体に代金と申請を行えば合格認定証や認定カードなども発行されます。
試験の内容はスタディー模型、プレゼンテーション模型、検討模型、説明模型、体験模型、比較模型、原寸模型などを十分に理解しているかが問われます。
生活の中で実際に見る機会が比較的多いのはプレゼンテーション模型展示模型です。
プレゼンテーション模型は不動産屋さんや、新築の施設などで説明する際に用いられる模型です。説明するために分かりやすく作られています。
展示模型は遊園地などの娯楽施設から駅などの公共施設まで、色々な場所で展示されています。正確さや質感にまでこだわった緻密な展示用の見せることを目的とした模型です。
ちなみにこれらの建築をする際にも一番基本となる模型をスタディー模型といいます。
実際に見て模型がどういったものか触れてみるのも勉強になります。
建築模型・住宅模型資格  建築模型・住宅模型資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です