洋食資格ランキング

日本では古くから日本独自の食である和食が定番ですが、海外の食文化の洋食も現代では食生活には無くてはならない存在となっています。洋食は種類も豊富でお洒落な料理が多く、気軽に食べることができるものも多いため日本でもあらゆる場所で提供されています。そんな洋食の知識について特化した洋食資格ランキングについて詳しくご紹介していきます。

1位 洋食エキスパート

洋食エキスパートとは日本安全食料料理協会が認定している資格の一つで、洋食の古い歴史から洋食に使用する主な調理道具の種類、洋食で使用される食材、洋食のテーブルマナーなどの基本的な知識が必要とされる資格です。また、洋食の基本的な食材の下ごしらえ方法から洋食の様々なレシピ、ソースの種類別の作り方や洋食をより美味しく提供するための盛り付け方などの調理知識や技術も学ぶことができるため料理が好きな人や、料理の腕を上げたい人、調理に関わっている人にもオススメです。資格取得後には洋食エキスパートとして自宅での講師活動も行うことができ、在宅受講や在宅受験も可能なため料理教室などの開業に興味がある主婦や女性の資格取得者も増えています。また飲食店や調理関係の仕事でも活かすことができ、就職にも洋食のプロの資格として有利になるため資格のため幅広い人に人気のある資格です。

2位 健康西洋料理インストラクター

西洋料理とはヨーロッパやアメリカ諸国の略称で、その地域で作られ散る伝統的な料理を西洋料理と呼びます、日本料理や中華料理などと対置する料理です。そんな西洋料理の知識や技術に特化した資格が西洋料理インストラクターです。健康西洋料理インストラクターは日本インストラクター協会が認定している比較の一つで、洋食を作る上でよく使用する肉や魚、バター、チーズなどの食品から塩、小麦粉、ハーブなどの調味料まで様々な食品についての知識を把握している必要があります。また西洋料理のレシピや調理方法などについても熟知している必要があり、洋食を提供するレストランやその他の飲食業でも活かすことができる人気の資格です。また健康に特化した西洋料理についても学ぶことが出来るため食生活をより健康的にしたい人にもオススメです。

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

テーブルマナーとは共に食事をしてる人に敬意をはらうための作法で、食文化によってもテーブルマナーは異なります。西洋料理テーブルマナー講師認定試験は、洋食のテーブルマナーの知識を所有していることを証明する資格で、正しく実演することにより伝えることができ自らの生活の中でも活かすことができます。西洋料理テーブルマナー講師認定試験は日本ホテル・レストランサービス技能協会が認定する資格の一つで、テーブルマナーの歴史から基本的な知識、作法まで学ぶことができます。西洋料理店などでよく行われる接待の場合などにも役立たせることができ、周囲への印象アップにも繋がるためサラリーマンなど男性にも人気の資格です。またホテル勤務の人や洋食店などでも活かすことができるためオススメの資格です。

4位 フードスタイリスト

雑誌や広告の美味しそうな料理画像や、CMや映画などでの映像内でテーブルセッティングの演出を行っているのがフードスタイリストです。フードスタイリストは日本フードライセンス国際協会が認定している資格の一つで、商標登録された唯一の資格のため履歴書や名刺などに記載することができ、就職や仕事先での自己アピールにも繋がります。またフードスタイリストの資格試験には段階が有り、基本的な知識が必要な1級、応用知識が問われる2級、プロとしての知識や技術が必要とされる1級が存在します。自分のレベルに応じた試験を段階的に受けることができるため、フードスタイリストの知識を熟知することができます。資格取得後にはテレビや雑誌関係の企業や食品関係の職業などでも活かすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です