温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

温泉資格

ストレス社会に暮らす日本人にとって温泉とは癒しの象徴でもあり、休日や連休ともなると温泉地はたくさんの人でにぎわいます。非日常を求めて観光地をめぐり、温泉やグルメを楽しむことは最高のリラックス法であるとも言えます。国内旅行を考えるとき、旅行本やインターネットサイトで観光スポットや旅館、グルメ、ショッピングについて下調べをする方は多いと思います。しかし、その土地の温泉については意外と知らずに利用していることが多いのではないでしょうか。最近は海外からの観光客も多く、温泉に関する資格が注目されています。今回は温泉観光のプロ、温泉観光アドバイザー認定試験についてご紹介します。

【温泉観光アドバイザーとは?】

日本全国各地にある温泉に関する知識をもつ、言わば温泉観光の専門家です。所在地や泉質、効能など温泉についての細かい知識はもちろん、温泉にまつわる歴史や観光に関する知識も有します。年々増加する外国人観光客へのおもてなしとしても注目され、観光地域づくりにも大きく貢献できると期待されています。

【温泉ソムリエとどう違う?】

温泉に関する資格は多々ありますが、その中でも温泉ソムリエは有名な資格です。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。最近メディアでよく取り上げられることから温泉ソムリエは職業だと思われがちですが、温泉ソムリエという職業は無く、趣味で取得する方が多いようです。事実、温泉ソムリエ認定には試験が無く、温泉ソムリエ協会が行うセミナー、または1泊2日のツアーのいずれかに参加することで認定され、主に温泉そのものや正しい入浴の方法についての知識を有します。

一方、温泉観光アドバイザーには認定試験があり、温泉についての知識、さらに歴史や観光についての知識も要します。いずれも温泉が生活の身近にある日本人ならではの資格と言えます。

【温泉観光アドバイザー認定試験について】

認定試験は、JLESA(日本生活環境支援協会)が行っています。主に生活におけるスキルについて認定する機関で、認定する資格には、住まいアドバイザー認定試験ガーデニングアドバイザー認定試験など、生活に関する試験が多くあります。

温泉観光アドバイザー認定試験は、受験資格が無く、インターネット申込み、自宅受験ができるということで、受験しやすいと注目されています。受験料も10000円と資格試験にしては安く、2カ月に一回と頻繁に実施されていることでも知られ、口コミで人気になった資格のひとつです。受験者は学生から社会人、主婦まで幅広く、様々な方が受験しています。

【温泉観光アドバイザーの活躍の場】

資格を取得すると、温泉観光アドバイザーとしての知識を活かし、スクールで講師をしたり、自宅でスクールを開講することができます。

資格を持っていると、旅行会社や観光施設への就職の際に有利に働いたり、温泉観光地のPRにも役立ちます。最近では、書籍やメディアで温泉のプロがオススメする観光地などといった特集を目にすることも多いことから出版業界などでも重宝され、活躍の場は広がっています。

職業としてのみならず、日常生活や旅行の際に役立つことから、温泉が好き知識を深めたいということがきっかけで、趣味で受験する方も多くいます。

【日本の文化である温泉の知識を世界に広めよう】

日本には2万7千を超える源泉があると言われています。観光やレジャーとしてだけでなく、温泉療法という言葉の通り、医療法としても古くから親しまれてきました。日本の温泉は世界に誇るべき文化です。温泉が好き、観光が好きという方は、せひ温泉観光アドバイザー認定試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。資格を持っていることで、温泉の魅力を確かな情報をもとに世界へ発信することができますし、何より旅行が何倍も楽しく、充実することは間違いないでしょう。これまでは行くことのなかった観光地へ足を運ぶきっかけになるかもしれません。
温泉観光  温泉観光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です