温泉観光資格人気ランキング

温泉資格

日本は、温泉大国です。大体の都道府県には、温泉があり、源泉があふれています。
その温泉の効能も地方によって違っているので、旅の目的が温泉である人も多くいるはずです。
ここでは、温泉に関する資格人気ランキングをご紹介いたします。

1位 温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーは、温泉目的での観光を、より楽しくする為に作られた資格です。
温泉観光アドバイザーの魅力をご紹介します。
・全国各地の温泉の効能を知ることが出来る
この資格では、日本にある温泉の効能を勉強することができます。
温泉には、肌荒れに良い効果がある湯、内蔵機能に効果を発揮する湯など、様々な効能があります。
もしもこの資格が取得できたなら、温泉旅行を計画する際に、自分たちの健康状態に合わせた温泉選びが出来るようになります。
そんな温泉選びも、この温泉観光アドバイザーの資格があるからこそ出来ることです。
・温泉の講師が出来る
この資格を取得できると、温泉の講師として、人前で発表することが出来るようになります。
温泉については、日本人は大好きですので、沢山の生徒が集まりそうですね。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

サナトリウムとは、結核患者が療養する場所のことをいいます。昔は、結核患者の治療法は、きれいな空気の所でゆっくりと療養するのが一番ということだったので、サナトリウムは海辺や山に作られていました。今は、科学が発達し、サナトリウムに行かなくても、短い期間に治癒できる様になってきたため、サナトリウムは少なくなってきました。
それでは、どのような資格かご紹介します。
・温泉分析表が分かるようになる
温泉へ入ろうとするときに、必ず温泉の入り口には、温泉の泉質の説明だったり、入浴時の注意点が書かれています。
サナトリウム健康アドバイザーでは、温泉分析表を読み取ることが出来るようになるので、入浴をする前から、体に刺激があるかないかなどが、分かることができます。
・温泉用語が理解出来る
温泉と一言で言っても、源泉掛け流しの湯や単純温泉など、様々な言葉があります。
この温泉用語の違いを理解しながら、温泉用語を学ぶことが出来ます。
旅行のパンフレットなどを見ると、よく源泉掛け流しとか単純温泉と始めに書いてありますよね。
いつもは漠然としか理解出来ていなかった温泉用語も、この資格を勉強すれば、はっきりと用語の意味が分かるようになるのです。

3位 温泉ソムリエ

この資格は、芸能人が旅番組をする時に、時々持っている資格ですね。
ソムリエだなんて、おしゃれな名前がついたこの資格は、一体どのような資格でしょうか。
・二種類の資格取得方法がある
温泉ソムリエは、講義のみを受けて取得できるものと、実技と講義を両方受けて取得できる方法があります。
時間は、講義のみの場合は、約半日で終わります。実技と講義の場合は、約1日半かかりますが、どちらを選択しても同じ資格が取得できるようになっています。
温泉の実技とは、興味深いですが、時間がないという人は、短時間でギュッと詰め込む講義のみでもいいかもしれませんね。
・三段階の資格になっている
温泉ソムリエは、普通の温泉ソムリエ資格を受講した後、ステップアップセミナーを受講すると、温泉ソムリエ協会に、上級者として認定してもらうことが出来ます。また、温泉ソムリエ協会が認定をしている他の資格を取得すると、温泉ソムリエマスターになることもできます。
温泉人気資格は、全て初心者でも始められそうな資格が多いです。
また、旅行などに行くときに、必ず役立つ資格なので、こういう温泉の資格を取得しておけば、ただ、気持ちがいいな~と入るのではなく、様々な角度から入ることが出来、温泉に入浴する楽しみも増えるでしょう。
温泉ソムリエは、講義を受けるだけで、特に試験はないので、温泉の資格を始める最初の資格にはいい資格かもしれません。
温泉の資格を取得することで、温泉に入浴する際の会話も、楽しい会話が出来るようになりそうですね。
温泉観光  温泉観光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です