漢方薬膳資格人気ランキング

漢方薬膳

漢方や薬膳とはどのようなものだとイメージしますか?体調の悪い人や、病気の治療に用いるものだとイメージしている人も多いように思います。しかし、実際は、美容や健康維持など現代女性が気にしていることにも対応できるのです。その中で、体にいいと言われても、材料や効果については未知ですよね。最近では漢方についての情報も公開されており、独学での勉強も可能となってきました。そこで、漢方や薬膳の資格もでき、漢方に対する認識は変わってきているのです。今回は近年人気急上昇中である漢方・薬膳の資格の人気ランキングをご紹介していきたいと思います

1位 薬膳調整師

薬膳調整師は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催の認定試験となっており、薬膳の基礎知識を始めとし、各種食材の効果などについての知識を持っている人に与えられる資格です。試験の内容としては、薬膳の基礎知識や食療と薬膳、五味、帰経、食養生、食材の性質、食材と効能の6つの内容を理解しているかを問う問題のようです。 この資格は、飲食店や料理教室などの食に関する仕事に就いていらっしゃる方に人気を集めています。薬膳の基礎知識を習得することが出来るので、主婦の方にもおすすめの資格試験となっています

2位 漢方コーディネーター

漢方コーディネーターは、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の認定試験で、漢方や漢方薬に対する基礎知識や独自の診断方法、養生などへの理解があると認められた人与えられる資格となっています。資格取得後は、体質に合った漢方の組み合わせや、病気の予防や体質改善などをアドバイスできる漢方コーディネーターとしても活躍できるようになります。天然生薬の効果を理解しているということは、職業で役立つだけでなく、体質改善が必要な方などにも非常に需要の高い資格と言えますね。

3位 薬膳マイスター

薬膳マイスターとは、一般社団法人 国際薬膳食育学会が主催する民間資格となっています。取得するにあたって、具体的には薬膳(和漢膳)を推奨する国際薬膳食育学会による通信講座で、薬膳マイスターは4回の通信課題を提出する必要があります。また、修了認定試験に7割以上の成績で合格した場合、国際薬膳食育師3級が授与されますが、それ以上の級に関しては実習や受講が必要となっているため、気軽に取得したいと考えられている方には、少しハードルの高い試験と言えるでしょう。しかし、資格取得後はより薬膳を取り入れた生活スタイルを作り出すことが可能で、健康的な生活や体質を手に入れることができます。

4位 薬膳漢方マイスター

薬膳漢方マイスターは、一般社団法人日本能力教育促進協会主催の認定試験で、資格取得には協会指定の期間で指定の講座を受講する必要があります。在宅で学ぶこともできますが、1ヶ月以上の学習期間が必要で受講料が高額ということもあり、それなりの覚悟と時間の確保が必要な資格であると思います。ただし、薬膳の基礎知識身につけたいという方や、メニューに薬膳を取り入れたい方にはおすすめ出来る資格となります。家族の健康や、子育て中の主婦には特に人気を集めているようです。

5位 薬膳アドバイザー

薬膳アドバイザーは、日本中医食養学会が主催の認定試験です。取得に当たっては、日本中医食養学会が主催する講座、もしくは学会と契約している教育施設で指定のカリキュラムを受ける必要があります。そして、修了した時点で取得できるということが魅力的なことです。試験がなく、講座受講だけで取得できるところに人気を集めています。内容としては、薬膳に関する基礎知識を習得していると認定された人に与えられます。食に関する仕事に就いている人や料理人などが持っていることで、簡単な薬膳料理をつくることも可能となります

6位 薬膳コーディネーター

薬膳コーディネーターとは、本草薬膳学院認定の民間資格で、美容と健康によい薬膳のメニューを考えることができ、飲食店のメニュープランニングに応用できるということを証明する資格となっています。資格取得にあたっては、協会指定の講座を受講する必要があります。一見大変なようにも見えますが、初心者でも薬膳に関する知識を習得することができるため、幅広い世代で人気を集めている資格と言えます。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です