焼酎セレクトマイスター口コミ評判

お酒の知識を持っていると飲み会の場を盛り上げることができます。
特に日本人は焼酎が好きな人が多いので、焼酎を注文するときにメニューに載っている銘柄の解説をしてあげるととても喜ばれます。
一口に焼酎といっても、原料によっていも焼酎(甘藷焼酎)、米焼酎、麦焼酎等々沢山の種類に分かれるので話題に事欠くことはありません。
お酒を飲みながらそのお酒に隠された背景を話題にすると、より一層お酒の味を楽しむことができるようになります。
焼酎に関してより詳しい知識を得たいときに、焼酎セレクトマイスターの資格が役に立ちます。
焼酎セレクトマイスターとは、焼酎の歴史や製造方法、原材料の芋、米、麦、蕎麦、胡麻、シソなどに関する正しい知識を有していて焼酎に関してたくさんの知識をもっている方に認定される資格です。
焼酎セレクトマイスターは、飲食関係にお仕事をされている方はもちろん、お酒を取り扱うお仕事をされている方、お酒が好きな方、焼酎が好きな方など幅広い方に人気の資格です。

焼酎セレクトマイスターとは

焼酎セレクトマイスターとは、日本安全食料料理協会が認定している資格制度で、試験に合格した人に付与される資格です。
一口に焼酎といってもさまざまな種類があるため、各土地の気候や風土、文化に合わせた焼酎作りの手法の違いや特徴に関する知識をしっかりと理解していることも求められます。多くの人が焼酎を好きなことから、焼酎のことをもっと深く勉強したいということから資格の勉強を始めています。焼酎のことをより深く勉強していて焼酎の味や特徴、飲む人の好みに合わせた、水割り、お湯割り、ロック、ソーダ割りなどの飲み方に関して正しい知識を有していることを証明する資格です

焼酎セレクトマイスター口コミ評判

「飲みに行ったときはいつも焼酎を注文していて自他ともに認める焼酎好きです。焼酎好きが転じてさらに焼酎のことをもっと深く勉強したいという思いから焼酎セレクトマイスターの勉強をスタートしました。ふだん何気なく飲んでいた焼酎のいろんな背景をしることができ、ますます焼酎のことを好きになりました」
「お酒を扱う仕事をしているので、日本人が好きな焼酎に関して勉強してみようと思い、焼酎セレクトマイスターの勉強を始めました。勉強した知識が仕事に役立つことはもちろん、自分が飲む焼酎にも学んだ知識を役立てることができているので焼酎の奥深さを理解することができました」
「お酒のことを知っていると飲み会の場で話題に事欠かないと思い、焼酎セレクトマイスターの勉強を始めました。インターネットで調べて焼酎の知識はある程度知っていたのですが、本格的に勉強してみるとまだまだ表面的なことしか知らなかったことに驚きます。焼酎セレクトマイスターで勉強してから、焼酎の選び方や飲み方にもこだわりをもつことができています」
など、焼酎の奥深さを勉強できています。

焼酎セレクトマイスターになる方法

焼酎セレクトマイスターになるには、日本安全食料料理協会が実施する資格試験に合格する必要があります。
日本安全食料料理協会のホームページから試験申し込みをして在宅試験を行い、合格することができて初めて資格が付与されます。
答案を提出期限までに提出して、70%以上の評価を得ることができれば晴れて焼酎セレクトマイスターとして活躍することができます。
焼酎セレクトマイスターはそれほど難関な資格ではなく、焼酎が好きな人であればとても身近なことを勉強することができるので比較的スムーズに資格取得することが可能です。
焼酎セレクトマイスターの資格はたくさんの人に焼酎の持っている歴史的背景やおいしい飲み方などを披露できるようになります。
飲み会の場面や仕事での接待の場面でもお酒を扱う場面ではいくらでも焼酎セレクトマイスターの資格を使うことができるようになります。
焼酎が好きな人であれば勉強しておいて損のない資格といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です