犬・猫ペットブリーダー口コミ評判

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では犬・猫のブリーダーが繁殖を手掛けたペットを譲り受けることは珍しくありません。
ペットブリーダーというプロフェッショナルが手掛けたペットたちは、優秀で元気なペットが多く人気のあるブリーダーの元にはたくさんのオファーがあります。
自分が飼いたいと思っているペットの種類があるなら、ブリーダーに相談して手配してもらうことも一つの手段です。
犬・猫ペットブリーダーは、家庭の犬や猫の繁殖や改良について基礎的な知識・ブリーダーとしての業務の知識を有していることが認定されている資格制度です。
犬・猫ペットブリーダーは、犬や猫の繁殖に関してのプロフェッショナルで、ペットを飼いたいと願っている飼い主のために、遺伝的な疾患がないように元気な子犬や子猫を育てて届けてあげる専門的な知識を有しています。
ペットショップでかわいい顔をして飼い主たちの心を揺さぶっている子犬や子猫たちは、一般的にはブリーダーの手によって繁殖され育てられています。
ペットの交配や繁殖、出産をサポートするのでペットが大好きでたまらないという人にはとても勉強になる資格の一つです。
ここでは、犬・猫ペットブリーダーの口コミ評判をご紹介します。

犬・猫ペットブリーダーとは

犬・猫ペットブリーダーとは、日本生活環境支援協会が認定する資格制度で、試験に合格した人に付与される資格制度です。
ブリーダー開業に必要な設計・設備、開業準備(動物取扱業)、開業費用の目安(犬や猫の仕入れなど)、ブリーダーの経費と収入、宣伝や告知方法、ブリーダー業一日の流れ、ブリーダーの種類、健康管理(お手入れ、狂犬病、混合ワクチン接種)、交配の方法(外部委託、人工授精)、交配ビジネス、オークションの仕組み、ペットショップとの取引、個人顧客との直接売買、時期による価格変動、流行犬種の繁殖、ブリーダーの生産者責任などブリーダーとしてのビジネスに関する一般的な知識を有していることが証明されており、ブリーダーとして活躍することができるのと同時に、ブリーダーとしてビジネスをしてみたいという人のサポートもすることができます。
何よりも大好きな子犬や子猫に毎日携わることができるので、ペットが好きな人にとっては天職ともいえる資格の一つです。

犬・猫ペットブリーダー口コミ評判

「子犬や子猫が大好きで犬・猫ペットブリーダーの勉強を始めました。犬・猫ペットブリーダーの資格を勉強していると、犬や猫の種類によっても繁殖方法が違うことや、ブリーダーとして求められる専門知識もたくさんあったりとても勉強になります」
「犬・猫ペットブリーダーの勉強をすることでブリーダーとしてのプロ意識が強くなったように思います。まだまだ日本ではブリーダーの職業は一般的ではないですが、ペットブームなので必要とされる職業の一つだと思います」
「犬・猫ペットブリーダーの資格を勉強してみて、飼い主に元気な子犬や子猫を届けてあげることにとても喜びを感じています。まだまだ勉強しなければならないことがたくさんありますが、ペットのことをたくさん勉強できてとても満足しています」
などブリーダーとしての意識が変わっていくことがわかります。

犬・猫ペットブリーダーになる方法

犬・猫ペットブリーダーになるには、日本生活環境支援協会の認定試験に合格する必要があります。
日本生活環境支援協会のホームページから試験申し込みをして、在宅受験をすることができます。
合格基準は70%の評価をとることで、答案提出期限内に答案を提出することで試験を受けることができます。
万が一試験に不合格であっても何度でも再受験することができるので、諦めずに勉強を続けていれば試験に合格することは十分に可能です。
ブリーダーとして、ビジネスを始めてみたい人、子犬や子猫が好きな人などさまざまな人が受験をしています。
資格取得後は、犬・猫ペットブリーダーとして活躍でし、自宅やカルチャースクールなどでブリーダーの講師として活躍できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です