盆栽資格人気ランキング

盆栽資格

盆栽って、見ていると落ち着きますよね。日本人にはもちろん、今では世界中で人気の盆栽。盆栽の仕方ってどんなものなのでしょうか。盆栽についての知識、技術を学びたい方にお勧めなのが盆栽資格です。盆栽資格には、盆栽のほか、苔玉などのジャンルがあり、幅広い世代で人気を集めています。資格取得後は、カルチャーセンターなどで講師をすることや、自宅で教えることも可能です。今では、趣味の域を越えて資格が利用される流れも一般的になりつつあります。今回は、今人気の盆栽資格のランキングについて紹介していきたいと思います。

1位 盆栽クリエイター

盆栽クリエイターとは、日本デザインプランナー協会(JDP)主催の民間資格で、盆栽についての専門知識や管理方法を理解した方におくられる資格となっています。この資格は、盆栽の歴史をはじめとして、盆栽に使う土や樹種などの基礎知識から学びたい方にもおすすめの資格です。盆栽の手入れなどの基礎的な知識だけでなく、盆栽を選ぶ際や買う際に必要な知識も習得することができます。自身で盆栽の知識や技術を習得したいという意欲のある方にも良いステップとなるのではないでしょうか。資格取得後は、お仕事としても活躍の場も広がります。受験については、特に受験資格はなく、在宅受験が可能となっています。試験も2か月ごとに行われるようになっているので、失敗しても何度でもチャレンジできることも人気の理由の一つですね。

2位 苔玉作りインストラクター

苔玉インストラクターとは、日本インストラクター協会(JIA)主催の民間資格です。まず苔玉とは、植物の根を土で包んだ後、その土を苔で包んだものです。盆栽の世界では、苔は多用されることが一般的ですが、洋風ガーデンでの利用や、室内で楽しむ観葉植物としても人気が高まっています。その苔玉作りのインストラクターがこの資格となります。資格取得後は、指導者としてカルチャースクールや教室などでの講師活躍ができる資格です。盆栽などの大きなものまではいかなくても、苔玉のような小さいものから挑戦してみようとお考えの方に人気を集めています。受験方法は、在宅受験が可能となっているため、気軽に受験をすることもできます。また、盆栽を学ぶ予定でいらっしゃる方でも、まずは苔玉から習得しようというのもありなのではないでしょうか。

3位  盆栽士

盆栽士とは日本園芸協会が行っている講座を受講することで取得できる資格となっています。この資格は、盆栽士としての必要な基礎知識や盆栽を美しく保つ技術だけにとどまらず、盆栽市場についての理解や、苗木や半仕立て品などの販売のための技術も学べるようになっています。ただし、認定後には盆栽教室を開くなどの道を選ぶこともできますが、費用は高額となっており、認定までに時間を要すため、それなりの覚悟が必要と言えるでしょう。また、試験については、実際に専門家との実技試験が行われますので、実践的な盆栽の技術を習得しておく必要があります。この資格は、盆栽関係の資格で必要となる知識をすべて習得しているのが盆栽士です。盆栽に関する資格の中では歴史も最も長く、実践的です。将来、独立して盆栽士になろうという高い意欲のある人や、植木職人になろうとしていらっしゃる方など、盆栽に関わる仕事を本気でやろうと考えている人に人気の資格になっています。
盆栽資格  盆栽資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です