福祉資格人気ランキング

福祉

今、日本は少子高齢化が進み、福祉の問題が多く出てき始めています。そのような問題を受け止め、福祉に携わる人も増えてきています。このように、福祉や介護の需要が増えていく中、福祉に関する資格も近年増加傾向にあります。福祉の分野は今後の日本に必要な仕事の一つであり、社会形成の重要な役割を担うと言ってもよいでしょう。福祉の資格は今後役に立つものだと確信できるため、取得していても損はありません。今回は、福祉資格における人気ランキングでご紹介していきたいと思います。

1位 福祉心理カウンセラー

福祉心理カウンセラーは、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催の認定試験です。資格の取得に当たっては、日本アロマメディカル心理セラピー協会が実施する認定試験を受けなければなりません。しかし、受験資格などはなく、誰でもカウンセラーとして活躍できるところが人気の理由の一つです。 内容としては、福祉や心理学の基礎知識をはじめとし、様々なストレスから発生する症状について理解し、カウンセラーとして活動する能力を習得している人へ与えられる資格です。今、心理カウンセラーは社会形成のなかでも重要な役割を果たしており、この資格は、その中でも特に福祉の分野においての知識が必要であり、福祉に特化したカウンセラーと言えます。

2位 福祉心理アドバイザー

福祉心理アドバイザーは、日本インストラクター協会(JIA)主催の認定試験で、福祉や心理についての基礎知識を始めとして、教える能力を習得していると認められた人に与えられる資格です。すでに専門分野で経験を積んだ方や、社会的背景を受け止めて認定試験に挑戦する方もいらっしゃいます。資格取得後は、カウンセラーとしてだけでなく、講師としても活動できるため、自宅やカルチャースクールなどで活躍することが可能です。

3位 介護福祉士

介護福祉士は、公益財団法人 社会福祉振興・試験センターが主催の試験です。福祉分野でも特に介護に特化した国家試験で、取得するにはすこし大変ですが、その分、信頼も厚く、今後需要が高くなる資格だと言えるでしょう。資格取得にあたっては、福祉系の大学で単位を取得するか、実務経験3年以上で試験に合格するかが主となっていますが、今では通信講座でも取れる資格のようです。将来介護の仕事を本気でやりたいという人には人気の資格です。

4位 福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所 検定センター主催の認定試験で、高齢者や障がい者にとって住みやすい住環境をコーディネートすることのできる資格です。住宅の階段や、少しの段差、廊下の幅やお風呂など、高齢者や障がい者にとっては、障害物となってしまう住宅内の課題を解決し、住みやすい環境や空間を作るのが福祉住環境コーディネーターの仕事です。 福祉だけでなく、住宅や建築関係に携わる人にも人気のある資格です。

5位 社会福祉士

社会福祉士は、公益財団法人 社会福祉振興・試験センターが主催の試験です。内容としては、多様化している社会福祉のサービスを利用者側が的確に利用できるよう、各部門と連携を取りながらサービスを提供する仕事となります。この資格は、国民の福祉を向上させるための職務であり、国家試験に合格する必要があります。資格取得に当たっては、福祉系大学や専門学校を卒業し、試験に合格するパターンもあれば、卒業年度や卒業校により、通信教育ののちに特定の養成機関(専門学校等)への通学(実習)が必要となる場合もあります。費用も高額で、簡単に取得できる資格ではないため、それなりの覚悟と時間の確保が必要です。

6位 保育士

保育士格は、一般社団法人 全国保育士養成協議会が主催の試験となっており、資格取得に当たっては、保育士を専門的に養成する学校、またはその他の当該施設で定められた課程を履修して卒業すると認定される必要があります。または、保育士試験を受験する方法があります。保育士試験を受験する場合は、自身に受験資格があるかどうか詳細を確認する必要があり、そのうえで筆記試験と実技試験に合格しなければなりません。少子高齢化や待機児童問題などを頻繁に耳にする今、需要の高い資格だと言えます。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です