空間をクールに飾る!空間デザイン資格ランキング

空間デザイン

私たちが生きるうえで、さまざまな空間が存在します。たとえば、自宅の中や食卓、お店のディスプレイ、収納などもそうですね。何気なく存在しているものでも、美しく、調和の取れた状態にするには、ある程度の知識や技術が必要です。記念日に、テーブルの上をちょっとオシャレに飾りたい…と思っても、基礎知識が有るのとないのとでは雲泥の差です。今回は空間デザイン資格をランキングでまとめました。

1位  空間ディスプレイデザイナー

空間ディスプレイデザイナーは日本デザインプランナー協会が主催する資格です。
空間ディスプレイデザインには、陳列の知識・技術が必要であり、そのほかにも色の演出、照明の技術なども重要となってきます。個人のデザインセンスのうえに、専門的な知識が積み重なれば、さまざまな場所で活躍できます。店頭ディスプレイはもちろん、建築物や学校、自宅の空間を、自分の思うように演出できるようになるなんて素敵ですよね。
こちらの資格は2ヶ月に1度、在宅で受験できます。資格取得した後は、個人で楽しむだけではなく、講師活動などをとおして空間ディスプレイの楽しさと存在意義を広く発信することもできます。

2位  TALK食空間コーディネーター

TALK食空間コーディネーターは、食空間コーディネート協会が主催する資格です。
食空間をプロデュースする大切さを広め、食空間コーディネートの知識・テクニックなどの専門性を高めるために、段階的に試験が分かれています。現在は3級、2級とあり、3級は誰でも受験可能です。しかし、確実に合格するためには、協会が主催する講習会を受講することが必要となってきます。

3位  空間プランナー

空間プランナーは、日本能力開発推進協会が認定する資格です。インテリアの知識を生かして、自宅や店舗などのいろいろな空間をデザインするスペシャリストといえます。例えば、インテリア商品、販売などの基礎知識から、住環境のコンサルティング、室内環境のプランニングなども必要な技能です。
住宅メーカーやインテリア業界で働きたい人、または働いている人にぴったりの資格といえます。
協会が指定する、認定教育機関が行う教育訓練において、その全カリキュラムを60%以上の得点率で修了した人のみ受験資格があります。

4位  住空間収納プランナー

住空間収納プランナーは、日本収納プランナー協会が認定する資格です。下からベーシック、エキスパート、マスターとわかれています。ベーシック認定試験は、住空間収納プランナーとして活動するための知識を広く、深く問うものです。住まい・モノ・環境に対する考え方、収納のプランニングノウハウなどを身につけた人を認定します。
ベーシックに受験資格はありませんが、協会の公式テキストを使った講座受講が取得において重要となります。エキスパート、マスターは、その下の資格を取っていることが受験資格となります。

まとめ

空間をデザインすることで、つまらない一日が特別なものに変わります。ちょっとした工夫や技術で、ぱっとしない店内が、はっと人目を引くものに変わることも。空間ディスプレイ力を身につけて、魔術師のように場の雰囲気をあやつってみてはいかがでしょうか。
空間デザイン資格  空間デザイン資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です