空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判

空間デザイン

空間ディスプレイデザイナーとは、空間をデザインするお仕事です。インテリアの色彩や、照明などでクライアントの要望に合った空間を提供します。
空間デザイナーで活躍するにあたって必ずしも資格が必要なわけではありませんが、自分の能力がどの位なのか客観的に証明するためにも資格取得をオススメします。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の口コミ

受験する人の多くはアパレル関係の販売業に従事する方が多く、より良いディスプレイを学び、仕事に活かしています。
自分で売り場を作り、売り上げの変化を体感することができるやりがいのある仕事です。
アパレル関係以外にもスーパーや自分の部屋まで、空間ディスプレイは役立たせることができます。
ディスプレイを作成することは誰にでもできますが、技術の有無で質は全く違うものになります。
そのため、自分のセンスを磨くために資格取得を目指す方もいます。
陳列の知識や技術、色彩や照明を用いた演出方法などを学び、ディスプレイに関する幅広い知識と技能を評価する試験です。
日常生活で目にする一際目を引く展示や、見とれてしまう空間など、そういった空間をデザインすることができるようになります。
そういったプロとしてのすぐに活かせる技術の資格として人気です。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の概要

空間ディスプレイデザイナー認定試験は日本デザインプランナー協会が認定する資格試験です。
資格は1級と2級があり、自分の実力に合わせた級数を選んで受験できます。。
2級では空間ディスプレイデザインの基礎と応用力が求められます。更に陳列以外にもショップやそのブランドのコンセプトに沿って制作が可能かどうかの技術が問われます。
1級では2級の内容の他に更に3DのCGを使った空間表現の技能を有しているかも問われます。
試験は在宅受験の形式が取られていますので、会社勤めの方も、学生の方も受験しやすくなっています。
日本デザインプランナー協会のホームページから受験の申し込みをすることができます。
受験に申し込みますと、後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されます。この時に受験料を代引きの形で支払います。
受験料は10000円で、2ヶ月に1回、偶数月に実施されています。70%以上の評価を受けると空間ディスプレイデザイナーとして認定されます。

仕事に活かす、独立する、やりがい

仕事として、店舗、テーマパークやイベントなどの展示空間を演出、デザインします。限られたスペースの中で最大限に商品を輝かせます。
伝えたい世界観を作り、人々を感動させるやりがいのある仕事です。
独立するならばクライアントのイメージをより良く表現することも大切です。クライアントに認められれば次の仕事の案件も任されることに繋がります。
また、空間ディスプレイデザイナーの資格と併せて、必要な資格も取得できると効果的です。
建築、インテリア関係の仕事なら空間ディスプレイデザイナーの他にインテリアコーディネートの資格を目指すのも考えられます。
アパレル関係のお仕事ならカラーコーディネートの資格も効果的です。
仕事に活かすのに無限の可能性があるのが魅力の空間ディスプレイデザイナー。
独立すると依頼が毎回違いますので、毎回違う世界観を制作することになり、刺激的な毎日になります。
コンスタントに依頼を貰うためにはクライアントから信用される技術を身につけなければなりません。
資格を取得してからも流行や時代を敏感に察知し、日々の変化に対応しながらセンスを磨き続ける、正解の無い仕事というのも魅力のひとつです。
空間デザイン資格  空間デザイン資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です