紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

紅茶講座

紅茶アドバイザーとは紅茶の基本的な淹れ方、飲み方の知識の他にも、茶葉の等級や分類、生産地やグレードなどの紅茶に関する幅広い知識を持ち、その知識を教え、また紅茶の淹れ方などを指導できる人を指します。
資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍することもできます。在宅のお仕事をしたい方や自分の好きな事を仕事に活かしたい方など、紅茶が好きという方にオススメの資格です。

紅茶アドバイザーの仕事、役割

紅茶はコーヒーと同様に、淹れ方の違いで驚くほど香りや味わいが変わる不思議な飲み物です。
同じ茶葉でも技術を持った人とそうでない人が淹れた紅茶は多くの人が違いを実感できるほどです。
普段から紅茶を愛飲する方も少なくはないのですが、街中を見るとコーヒー店はよく見かけますがそれに比べると紅茶店は数が少ないです。
その為、紅茶が好きという方も本格的な紅茶を楽しむ機会が少なくなってしまっています。コーヒーより紅茶の方が好きだけどコーヒーの方がよく飲む、という方も多く見受けられます。
喫茶店でもコーヒーは豆を挽き淹れ立てを提供してくれるのに紅茶はペットボトルから、というのも珍しくありません。
理由として、紅茶についての知識を教える人の数が少ない事が挙げられます。
茶葉の種類やグレード、淹れ方が分からない、教える人もいない、ということでは紅茶のお店が少ないのも当然です。
紅茶アドバイザーは紅茶についての知識や技術を持ち、それを教え、指導できる人です。
紅茶に興味を持つ人や、喫茶店やカフェ、ケーキ屋さんなど紅茶を必要とする人や企業に指導できます。
美味しい淹れ立ての紅茶を提供する場所の少なさから、自分で紅茶のお店を開業されたり、知識や技術を身につけたいという人を指導する教室を開設される方もいます。

紅茶アドバイザー認定試験の口コミ

受験される方は紅茶は好きだけどコンビニで買うものしか飲んでいない、ティーバッグの紅茶ばかり飲んでいた、という方も多く、仕事に活かすためというよりは好きな紅茶をもっと楽しみたいという方が多いようです。
今まで飲んでいたパックやボトルの紅茶とは香りも味も格段に美味しい紅茶を自分で淹れられるようになった、という口コミが多く見受けられました。
紅茶を楽しみたいという気持ちから学習し、結果として資格を取得する方が多く、家族や友人とお茶会として楽しむことをメインにしているようです。
メインは自分の趣味として、週末だけのお店を開き副収入を得るという方もいます。
また、コーヒーは体を冷やすと聞いて紅茶に興味が湧いたという方も受験されています。
冷えは多くの女性が悩む問題です。他にも紅茶にはポリフェノールなどの女性にとって嬉しい成分が豊富に含まれています。
試験には紅茶の効能の知識も問われますので、学習して生活に役立てるのも面白いですね。
またそういった紅茶の知識や技術を教室やカルチャースクールなどで講師として指導し活躍される方も多くいます。
紅茶の茶葉は日本人には馴染み深い緑茶の茶葉と同じです。違いは発酵期間というのは驚きではないでしょうか。発酵によって緑茶、ウーロン茶、紅茶と味、香り、色を変化させています。そんな紅茶の奥深さから興味を持つ人も少なくはないようです。

紅茶アドバイザー認定試験の概要

紅茶アドバイザー認定試験は日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。
受験の申し込みは日本安全食料料理協会のホームページから行えます。
申し込みをすると試験問題と解答用紙が郵送されてきますので、受験料の10000円を代引きの形で支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価を得ると合格となり、晴れて紅茶アドバイザーとして認定されます。
団体に別途、支払いと申請をすることにより合格認定証や認定カードを発行してもらうこともできます。
また、通信講座の中には卒業課題を提出することで卒業と同時に紅茶アドバイザー紅茶マイスターの2つの資格を取得できるものもあります。
紅茶資格  紅茶資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です