紅茶マイスター認定試験口コミ評判

紅茶講座

紅茶マイスターの資格を取得するには茶オーナーの知識と、それを実務で活用できる技能を有していると認定されなくてはなりません。
紅茶オーナーの知識とは喫茶店などの紅茶に関するお店を出店するにあたり経営についての基礎を指します。
将来、紅茶の専門店などの経営を目指すなら経営の基礎となる知識を学べる紅茶マイスター認定試験はオススメの資格といえます。

紅茶マイスターの資格を役立てる

喫茶店を出店したい方や、紅茶を扱うお店に従事される方が試験に挑戦しています。
紅茶を扱う喫茶店の経営の基礎を学べる事からそう言った方々に受験される資格ですが、自分がオーナーになりこれから紅茶を扱う喫茶店を開業する場合は紅茶アドバイザーの資格も取得する方が多いようです。
紅茶マイスターの資格も紅茶に関する知識は当然必要ですが、喫茶店を経営する為の内容も含まれているため紅茶以外の知識も多く問われる試験です。
紅茶アドバイザーの資格は紅茶に関する深い知識を求められるので、オーナーとして、より深く学んだ結果として取得されています。
経営に関する知識と紅茶自体の知識の資格を取得することで、喫茶店の開業や経営により役立てることができます。
紅茶マイスターの試験でマーケティングの基礎や経営、開業や経営の基礎、ティールームの企画、計画、内装や設備、商品とサービスについて学び、紅茶の深い知識は紅茶アドバイザーの試験で補います。

紅茶マイスター認定試験の口コミ

現在就いている仕事を退職したらカフェを経営したい、ティールームを開業する足がかりになった、などのこれから開業を考える人からの口コミが多い印象です。
また、紅茶が好きで紅茶アドバイザーの資格を取得した方がより紅茶が好きになり、喫茶店を開きたいと思い受験される方もいます。
紅茶が好きで学習し、知識を深めたが喫茶店やティールームなどのお店の開業や経営については全く分からないという方も多く、紅茶マイスターの資格の学習で基礎を学ぶことにより独立の一歩になる方も多いようです。
そんな紅茶マイスターの資格はこれから開業を考える方の強い味方になっています。
また、資格を取得することにより自分自身に自信を付ける方も多く、独立の夢に近づけたと感じる方も多いようです。
オーナーとして開業するにあたり、紅茶アドバイザーの資格と合わせて取得される方が多い紅茶マイスター認定資格。
紅茶が好きな方でも試験の内容が経営に関する実務的な内容が多く勉強が大変だった、という口コミもあります。経営に関する知識はオーナーになるには多くの場合、必要不可欠です。知識の無いまま開業するとあっという間に閉店、という事態にもなりかねません。
運営に関する知識をしっかり学べる紅茶マイスター認定資格はこれから開業しようと考える方には特にオススメの資格と言えます。

紅茶マイスター認定試験の概要

紅茶マイスター認定試験は日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。
試験は在宅受験の形が採用されているので忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に在住される方にも受験しやすくなっています。
受験の申し込みは日本安全食料料理協会のホームページからでき、申し込みをすると試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
受け取る際に代引きの形で受験料の10000円を支払い、期間内に回答し郵送にて解答用紙を提出します。
70%以上の評価を得る事で合格となり、晴れて紅茶マイスターとして認定されます。
団体に別途で代金を支払い、申請をする事で合格認定証や認定カードなどを発行してもらう事も可能です。
また、通信講座の中には、卒業課題を提出する事で卒業と同時に試験免除で紅茶マイスター紅茶アドバイザーの2つの資格を取得できるものもあります。
紅茶資格  紅茶資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です