絵心アップでアートな生活!デッサン資格ランキング

デッサン

絵が大好き!という人は多いですよね。最近はネットなど発表の場も増えています。絵の基本はデッサンですが、専門学校などに通うのは敷居が高いものです。仕事で忙しい人も、自宅にいながら知識と技術を見につけられたら、とても嬉しいと思いませんか?
デッサン力を身につけ、自分の好きな趣味を何か形に残したいなら資格取得がおすすめです。

1位  鉛筆デッサンマスター

鉛筆デッサンマスターは、日本デザインプランナー協会が認定する資格です。デッサンの理論や技術を理解している人、さまざまな対象を描く技法をマスターした人に与えられます。
趣味の絵をさらに発展させ、ライフスタイルを豊かにしたい人や、芸術系の仕事を目指す人が取得します。
芸術系の仕事にはさまざまな種類があります。たとえばこの資格の持ち主は、商品のイメージ画や、建築物のイメージ画を、立体的に書くことができます。ファッションデザイナーやインテリアデザイナーも、鉛筆デッサンマスターの資格をあわせもつことで、表現力が大幅に上がり、自分の想像を相手にわかりやすく伝えることができます。もちろん、イラストレーターを目指す人にもおすすめの資格です。頭に書いたイメージを絵にすることができる能力は、一人で練習するだけでは身につきません。プロの指導で正しい知識を身につけ、効果的な順番でレッスンすることで、より早く専門的な技能が身についていくのです。
試験は2ヶ月に1回受験できるので、短期取得を目指す人にもおすすめです。
アパレル関連企業やインテリア、建築関係、イラストレーターなどの仕事はもちろん、自宅でカルチャースクールを開業することも可能です。

2位  絵画インストラクター

日本インストラクター協会が主催の資格です。絵画インストラクターは、デッサンやスケッチの技法や、道具の正しい使用方法などの知識を持つ人が認定されます。
今よりも上手く描きたい!という人は多いですが、独学ではやはり限度があります。専門的な知識や技能は、きちんとしたマニュアルや指導があって初めて身につくものだからです。また、どんな絵が人に好まれるか、現在の流行など、互いに批評し合ってはじめて分かるものです。そのためには、絵という共通の趣味を持った人と出会うことが重要です。この資格があれば、講師活動やデッサン会などで、そんな同好の士との出あいの場も広がります。
また、対象を線で描くデッサンは集中力が身につきます。絵やデッサンは、一種の自己表現のため、ストレスも発散できます。心を整えることができれば、会議や発表会などの場でもタフでいられますし、普段の生活におおいに役に立つでしょう。
絵画インストラクターはアートを使ったセラピストともいえます。絵の力で自分も人も癒すことができるのです。
絵画インストラクターは2ヶ月に1回試験が行なわれています。インターネットからの申し込みが可能で、在宅受験なので、社会人でも気軽に受けることができます。

まとめ

資格を取るなら、通信講座がおすすめです。正しい知識と技巧を身に着けることが、絵のプロとなるための近道です。基礎のデッサン力をしっかりつければ、似顔絵や、アニメ絵なども自然と上手になるはずですよ。
絵が好きなら、ちょっとした趣味だけで終わらせるのはもったいないです。せっかくの好きを、ぜひ資格で自分の力に変えてみませんか?自信をつけ、集中力を磨くことができれば、あなたはもっともっと素敵になるはずです。
デッサン資格  デッサン資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です