絵画インストラクター認定試験口コミ評判

デッサン

デッサン、スケッチの様々な技法や道具の的確な使用法などの専門知識、技巧を保持しており教育することができる人に与えられる資格が絵画インストラクターです。
資格取得後は自宅などで絵画教室を開設することや、個展を開催するなどの幅広い活動が期待できます。
鉛筆デッサンマスターの資格は基礎となり、絵画インストラクターはその応用編もマスターしている証明になります。

絵画インストラクターとは

対象物を光や影を含めて立体的に精密に描写するデッサンの技術や、風景や景色を実物に沿って特徴を捉えたスケッチは専門的な知識が必要になる高度な技術です。
ファッションや建築関係のデザイナー業界に従事している方や、イラストレーターやアニメーション、漫画家や芸術に携わる業界に従事する多くの人は専門学校や美術大学で専門的な知識やテクニックを学んでいます。
絵画インストラクターとは、そういった技法を習得し、教育ができると第三者に認められた資格です。
デッサンは紙と鉛筆があれば誰でも簡単に始められる低コストながらも人生を豊かにする素晴らしい趣味です。
趣味で絵を描く人は多いですが、自分で上達を感じられる人は多くはないようです。そこで教室などに通い絵の勉強をする方が増えています。
そこで教えている先生が絵画インストラクターと呼ばれる人にあたります。
絵画インストラクターの資格の特徴として、人に教える、講師としても認定されていることです。
その為、資格取得後はカルチャースクールの講師や、独立し教室の開設、個展を開くなどの道が開けます。

絵画インストラクター認定試験の口コミ

受験者には、手軽に始められる趣味として挑戦し、更に絵を知りたいと資格を取得するまでに至る方や、絵を描き没頭することでストレスの発散法として活用する方もいます。
子供と一緒に絵を描き、絵に関する興味が深まり学習した、など理由は様々ですが、口コミからは楽しんで鉛筆デッサンを学んでいる方が多いようです。
また絵を描くのが苦手で克服する為に学習する方も少なくはありません。絵が苦手な方も思っていたより楽しいとの評価があり、そこからも鉛筆デッサンの魅力が伺えます。
祖父母や子供を交えて楽しめる絵はコミュニケーションのツールとしても非常に人気があります。子供や孫に教えてなんて言われたら嬉しいですね。
仕事で絵を描く機会がある方もステップアップ、キャリアアップのために学習しています。
試験を通して、デッサンやデザインの技術の向上が望めます。
CG技術を使った仕事をする方も紙と鉛筆で行うデッサンを深く学ぶことで、よりリアリティのあるCGが作成できるようになったという方もいます。
パソコン技術の進歩により、プロのイラストレーターでも実際の紙と鉛筆を使って絵を描いた事が無いという方も珍しくはありません。ですが、鉛筆デッサンは一番の基礎となるので、どんな画材を使用するにも始めは鉛筆デッサンから始める事を推奨する見方もあります。

絵画インストラクター認定試験の概要

試験は日本インストラクター協会が主催しており、インターネットから受験を申し込むことができます。
在宅受験の形を採用しているので、忙しい方や、北海道や沖縄などの遠方に在住する方にも受験しやすいのも人気です。
日本インストラクター協会のホームページから受験を申し込みができ、申し込むと後日、試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
受け取りの際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価を得られれば合格となり、晴れて絵画インストラクターとして認定されます。
団体に代金を支払い、申請することで合格認定証や認定カードが発行されます。
また、通信講座の中には受講し、卒業課題を提出することで試験が免除され卒業と同時に鉛筆デッサンマスター絵画インストラクターの2つの資格を取得できるものもあります。
デッサン資格  デッサン資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です