緑茶インストラクターの口コミや評判は?

日本茶

緑茶インストラクターは、緑茶に関するさまざまな知識を有し、その知識をもとに、人にレクチャーできる能力を持つ者に贈られる資格です。

緑茶は、以前は中国から薬として伝わって来たものが、最初は貴族や僧侶の間に広まり、徐々に庶民に浸透し、いまや日本人にとって欠かせない生活習慣となりました。最近では健康にも良いことが証明されてきています。

そんな緑茶についてより理解を深め、普及発展させ、人々に緑茶の知識や美味しい淹れ方などをアドバイスできるのが緑茶インストラクターです。緑茶は長い歴史の中で日本の伝統的な文化として、重要な役割を担っています。

その文化の理解のため、緑茶の歴史、チャノキや茶葉の種類、産地や栽培方法・摘み方・保管方法の知識、茶道具の種類や変遷・使用方法、緑茶の栄養や淹れ方のコツまで網羅し習得することが求められます。

緑茶インストラクターの資格を取るには?

緑茶インストラクターのの資格を取るには、日本インストラクター協会が主催する「緑茶インストラクター認定試験」を受ける必要があります。緑茶インストラクター認定試験は毎年偶数月の20~25日に行われ、奇数月にのみの申し込みです。

日本インストラクター協会のサイトから必要事項を記入して申し込むと、受験票・問題用紙・解答用紙・返信用封筒が送られてきます。それを受け取るときに、受験料10,000円(税込)を代金引換で支払います(手数料無料)。

試験期間中に試験を在宅で受けたら、解答用紙を返信用封筒に入れ、30日(2月は28日)必着で返送します。日本インストラクター協会からの合否通知は翌月の20日発送です。合格基準は70%以上の評価となっています。

合格したら合格認定証や合格認定カードを購入することができます。代金は税込5,000円で、サイトから申し込み、代金引換で支払います(手数料無料)。

緑茶インストラクターの口コミ・評判

では実際に緑茶インストラクターの資格を取った方の、口コミや評判をいくつかご紹介します。緑茶インストラクターは評判が良く、知識をしっかり活用できている方が多いようですね。

・緑茶のもつ健康効果に惹かれ、緑茶インストラクター認定試験を受けることに決めました。栄養についてだけでなく緑茶の成分を活かした淹れ方や、緑茶を使ったレシピなどを学べたのが収穫の一つです。

合格した今でも、茶葉の種類とか状態によって淹れ方を変えたりなど工夫を続けていて、それがとても楽しいです。上手に入れることができたときの芳醇な香りや味わいは、なんとも言えない魅力があります。

これからも緑茶の研究を続けて、緑茶の大会に出られるよう頑張りたいです。(30代女性)

・お茶が大好きで、一日に何回も飲んでしまうほどです。なんとか自分で美味しく淹れられないかと試行錯誤していたのですが、正しい淹れ方を本格的に習ってみたいと思ったのが試験を受けたきっかけです。

資格認定試験は在宅でできる、緑茶インストラクター認定試験を選びました。合否通知が一か月後には届くのが嬉しかったです。緑茶は、本当に茶葉の種類や温度でぜんぜん違う味になるのがおもしろいですね。

就職先も、緑茶に関係する企業に内定しました。これも緑茶インストラクターの資格を取ったおかげだと思います。(20代女性)

・以前タイに旅行したときに、緑茶のペットボトルが売っていたり、緑茶を使った料理があるのを見て大変驚きました。緑茶はけっこう海外にも浸透しているんですね。それがきっかけで、緑茶に興味関心を持つようになりました。
系統立てた知識を手に入れるために、緑茶インストラクターの資格を取ることに決め、無我夢中で勉強しました。合格して美味しい淹れ方なども研究しつつ、緑茶カフェで起業するべくがんばっています。(30代男性)

緑茶インストラクターの資格を取った後は?

緑茶インストラクターの資格を取った後は、緑茶関係の仕事に就くのに有利になるほか、緑茶インストラクターとして、カルチャースクールや市民講座で講師として活躍することもできます。
日本では、急須で淹れるお茶はペットボトルに押され、消費が少なくなっています。緑茶インストラクターは、日本の文化を支える大切な役目を担っていると言えるでしょう。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です