美しい庭にあこがれて♪ガーデニング・園芸資格ランキング

ガーデニング園芸

女性だけではなく、男性の趣味としてもガーデニングは大人気。美しい癒しの空間をつくりだすことで、お家ライフがとても充実したものになります。野菜やハーブなども作れば、見た目と食を兼ね備えることも!人気のガーデニング・園芸の資格をランキングにしてみました。

1位  ガーデニングアドバイザー

ガーデニングアドバイザーは、日本生活環境支援協会が認定している資格です。基本的なガーデンデザインの知識・技術・技能を有している人が認定されます。内容は多岐にわたり、ガーデニングの基礎知識はもちろん、花木の種類や植栽プラン、ガーデンの設計・施工、管理の方法などです。
受験資格はないので、誰でも資格取得が目指せます。また試験は2ヶ月に1回、在宅で可能なので、社会人が趣味としてとりたい場合や、短期取得を目指す人にはおすすめの資格となっています。
男女・年齢問わず、趣味や習い事として人気拡大中のガーデニング。日本のガーデニング技術は高く、世界でも評価されています。資格を取っておけば、カルチャースクールなども開催でき、いろいろな場所で友達や園芸仲間ができます。

2位  園芸インストラクター

園芸インストラクターは、日本インストラクター協会が認定する資格です。
多種多様な場面に通用するガーデンデザインの知識・技術・技能を有している人が認定されます。内容は基礎から専門的なものまで広く、ガーデン図面の製図方法や設計・施工などについてです。資格取得した後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動が可能です。
2ヶ月に1回、在宅で受験できますので、園芸の基礎を学びたいというひと、これから園芸の仕事につきたい人は誰でも挑戦できます。製図までしっかり学ぶことで、ただの趣味だけではなく、人に教えるプロフェッショナルとしての基礎もきちんとつきます。花が好きで、花やガーデニングのよさをよりたくさんの人に知ってほしいというひとにおすすめの資格です。

3位  ガーデンコーディネーター

ガーデンコーディネーターは、日本園芸協会が主催する資格です。協会が行う、ガーデンコーディネーター養成専門講座を修了した人だけが取得できます。植物を良い状態に保つことはもちろん、美しくコーディネートする力が必要です。趣味でガーデニングを極めたい人はもちろん、ガーデンコーディネートにこだわった仕事をしていきたいと思う人なら目指しても良い資格です。

4位  園芸装飾技能士

園芸装飾技能士は、厚生労働省が認定する資格です。1級から3級にわかれています。植物の維持管理や、手入れ方法などの知識にプラスして、色合わせ、バランス感覚など、センスに関わる能力も必要です。
国家資格であり貴重ですが、一番下の3級でも受験資格が必要です。受験資格は、生花店等での実務経験が6ヶ月以上必要とされています。
現在園芸の知識や技能が、十分に実務レベルでさらなる泊付けを狙うのであれば、有望な資格といえるでしょう。

5位  グリーンアドバイザー

グリーンアドバイザーは、日本家庭園芸普及協会が認定する資格です。植物の育て方についての正しい知識や、ガーデニングの魅力や楽しさを伝えることのできる人が認定されます。
資格を取得した後は、園芸相談員、園芸店・生花店、ホームセンター、造園業、幅広い分野で活躍することができますが、協会が実施している、グリーンアドバイザー認定講習を受講することが試験を受ける条件となります。そのうえで試験を合格し、協会に登録した人がグリーンアドバイザーとなります。

まとめ

現在、園芸関係で働いている人はもちろん、趣味でガーデニングをしている人でも、自己流よりしっかりとした知識をつけたほうが、より植物の魅力にはまるはずです。園芸は退職後、老後もずっと長く楽しめます。資格取得をめざすことで、仲間も増えますし、ずっと元気でいられる趣味を手に入れることができますね。
ガーデニング  ガーデニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です