色彩インストラクター認定試験口コミ評判

色彩資格

色の作用を理解し、状況に合わせた効果的な色の演出をすることができ、尚且つ人に教えることができる能力を認定された人に与えられる資格が色彩インストラクターです。
色の効果は教えられなくてもある程度は本能で理解していると言われています。
しかし、色の効果を理解し効果的に利用する事で、より色の効果の恩恵を受ける事ができます。

色彩インストラクターの仕事、役割

色彩インストラクターの仕事は建築業界やインテリア業界、ファッション業界など需要は多岐に渡ります。
どんな種類の業界でもデザインの仕事をする方にとっては色使いの知識、センスはとても重要なものです。色の効果を理解することで、その作品の利用方法に合った色を選んだり、色の組み合わせをより良くデザインする事ができるようになります。
また、目を引く色を組み合わせて消費者の関心を集める集客を目的としたデザインや作品を作る事に役立てられる事ができます。
そう言った集客を目的とした仕事として、料理を美味しそうに見せたり、商品の購買意欲を誘う色使いをした広告を作成するなどの仕事をされる方もいます。
他にもそう言った仕事をされる人に色彩について教える事ができます。人を教育することができるのは色彩インストラクターの資格の強みです。
人に教えることを目的とし、自宅やカルチャースクールで講師として活動する方も多く、経験を積みインストラクターとして独立する事も可能な仕事です。

色彩インストラクター認定試験の口コミ

デザイン関係の仕事に就職を考える方の口コミには資格を取得したことにより、面接でアピールの材料になったという方もいます。
面接の際に資格について面接官から質問され、そこからアピールに繋がったなどの口コミもあり、有利に働く事からデザイン業界へ就職、転職を考えている方には特にオススメの資格といえます。
またアパレル関係に従事されている方の受験者は店内の陳列などでも活かせていると好評です。
ショップの店員として仕事をする際、陳列だけではなく、自分のファッションのコーディネートにも色彩の知識を活かしているようです。お客様に商品をオススメするにも自分のファッションが微妙では仕事に差し障ります。またオススメする際にも合わせる服の色などの接客トークにも色彩の知識は役立ちます。
仕事にはせず、自分の部屋や自宅を居心地の良い空間を作るために活用する方も多くいます。
自分の好みに合わせた配色をしながらも色の効果を最大限利用した自分にとって一番居心地の良い空間を作れたとの口コミも多くあります。
知識が無いと自分の好きな配色で部屋をまとめても、どうしてもバランスが上手く取れないという事も多くあります。
色彩を学ぶ事でインテリアのみならず、コーディネートなどの配色のバランスも上手く取れるようになることも人気の理由のようです。

色彩インストラクター認定試験の概要

色彩インストラクター認定試験は日本インストラクター協会が主催する認定資格です。
試験は在宅受験の形が採用されているので忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に在住の方にも受験しやすくなっています。
受験の申し込みは日本インストラクター協会のホームページからでき、申し込むと後日試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
書類を受け取る際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価を得ると合格となり、晴れて色彩インストラクターとして認定されます。
団体に代金を支払い、申請をする事で合格認定証や認定カードを発行してもらうこともできます。
また、通信講座の中には卒業と同時に試験免除で色彩インストラクターカラーセラピーカラーアドバイザーの3つの資格を取得できるものもあります。
カラーセラピー資格  カラーセラピー資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です