野菜資格人気ランキング

ある統計調査によると、男性の一番好きな野菜はキャベツで、女性の一番好きな野菜はトマトなんだそうです。
どちらも料理に幅広く使えることで愛されているんですね。
使いやすく、一年の中で何度も食べるような野菜も魅力的ですが、世の中にはたくさんの野菜があります。
普段手に取らないものが、高価なものばかりとは限りません。知識の幅を広げることで、今まで使えなかった野菜を使えるようになれるのです。
たくさんの野菜に関する知識を広げることで、より楽しくおいしく食べることができます。思わぬ発見もあるかもしれません。
そんな野菜について、より詳しく学びたいための人気の資格上位3つをご紹介します!

1位 オーガニック野菜ソムリエ

オーガニック野菜ソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定の資格です。
この資格では季節ごとの野菜の産地、栄養素、保存方法、レシピに関する知識を問われます。

例えば、春の野菜ではアスパラガス、グリンピース、クレソン、さやえんどう、じゃがいもなどがあります。
春が旬の野菜には、強い香りを持つものや、独特な苦みを持ったものが多いですね。
それから、夏の野菜ではインゲン、えだまめ、オクラ、かぼちゃ、きゅうりなどがあります。
夏場は、カリウムなどのミネラルや水分、ミネラルを含む野菜が重宝されますね。
次に、秋の野菜ではかぶ、ごぼう、さつまいも、山芋、人参などがあります。
でんぷん質を多く含む野菜が多くなる時期です。
最後に、冬の野菜ではカリフラワー、キャベツ、セロリ、ねぎ、ブロッコリーなどがありますね。
冬野菜は体を温めビタミンを蓄える効果の高い野菜が目立ちます。

野菜は、旬の時期に一番栄養価が高いです。
資格を通して、季節の野菜に詳しくなれると、健康維持に役立てられそうですね。
この試験は在宅受験により受験します。資格取得後は、オーガニック野菜ソムリエとして活動ができます。

2位 健康野菜の育て方インストラクター

健康野菜の育て方インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定している資格です。

この資格では、季節ごとの野菜の育て方や含まれる栄養素、野菜に合う食材に関する知識を持っていることが求められます。
この資格を通じて、様々な野菜の育て方を学べます。
たとえば、春の野菜ではみつば、パセリ、ニラなどの育て方に関する知識を増やせます。
夏の野菜で生姜、シソ、茄子、モロヘイヤなどの育て方を学べます。
秋の野菜では里芋、チンゲン菜、人参などの育て方を知ることができます。
冬の野菜では、白菜、大根、水菜などを育てられるようになります。
たとえば、みつばは、暑さに強い反面、乾燥には弱いといった特徴があり、知ってないとうまく育てられません。

また、各野菜に含まれる栄養素などの栄養面に関する知識も学べます。
それ以外にも、きのこ、ハーブ、穀類、豆類など野菜にあう食材に関する知識も求められますので、野菜に関する全般的な知識を身に着けることができます。

この試験は在宅受験により受験します。
資格取得後は、健康野菜の育て方インストラクターとして活動ができます。

3位 野菜ソムリエ

野菜ソムリエは、野菜ソムリエ協会が運営・認定している資格です。
野菜ソムリエコースと、野菜ソムリエプロコースが用意されています

野菜ソムリエコースでは、ベジフルコミュニケーション、ベジフル入門、ベジフルサイエンス、ベジフルクッカリーの4つの講義を受けます。
ベジフルコミュニケーションは、グループワークを通じてコミュニケーション力を培う講座です。
ベジフル入門は、野菜・果物の生産から流通までを学び、野菜の個性や良品の見分け方、保存方法などを知るための講義です。
ベジフルサイエンスは、栄養・健康の観点から、食べ物による身への影響やその必要性、作用、効果を科学的に学びます。
ベジフルクッカリーは、調理のポイントや品種の違いなどに対応できる料理コーディネーション能力を養います。
途中、ベジフルカルテや栽培ノートを提出するといった課題も出されます。
この資格に受かると、野菜・果物の知識を身につけた、その魅力や価値を社会に広めることができるスペシャリストとして認定されます。

野菜ソムリエプロコースは、野菜ソムリエコースの内容に加えて、専用の講義で知識を学びます。
それらは、ブランディング/マーケティング、セルフプロデュース、流通、生産、鮮度管理と目利き、栄養と調理、日本の農業の現状とストーリーといった項目です。
どちらも、受講後修了試験を受けて、合格すると資格を与えられます。

4位 野菜コーディネーター

野菜コーディネーターは、一般社団法人ホールフード協会の認定資格です。

自宅で通信講座を受けて学習できます。
有名講師から実践的なレシピを学べるので、すぐに野菜を活用できます。
この資格取得を通して、野菜選びの眼を養い、買い物や調理が楽しくなるノウハウを身に着けることができます。

講座では西洋野菜や、ハーブ、和野菜、香味野菜、山菜と幅広く学習するので、講座を終えるときには合計140種以上の野菜と果物に詳しくなれます。
単にたくさんの野菜を知るだけではなく、体の不調を整える目的別レシピや、栄養効率を高める食材の組み合わせ方も学ぶことができます。
面白いところでは、「低温スチーミング」という、栄養価を高いまま食べることができる調理方法も教わることができます。
講座を修了すると資格を取得できます。

野菜コーディネーターの資格を取ることで、彩り豊かな食事を作ることができ、ダイエット効果が期待できます。

5位 ベジタブル&フルーツアドバイザー資格

ベジタブル&フルーツアドバイザー資格は、日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格です。
この資格では、野菜・果物の旬、鮮度、食べごろ、美容と健康にもたらす効能、効果的な食べ合わせなどの知識に関する職業能力を問われます。

野菜の栄養については、栽培技術と品種による栄養成分の違いや、野菜 ・果物に含まれる様々な栄養素について、食生活に必要な所要量などを学習できます。
さらに、野菜 ・果物の種別、産地、味の特徴、旬、保存方法、食べごろなどの効き目を養う知識も学べます。
自信をもって美味しく栄養価の高い野菜や果物を選べ、適切に保存できるようになると生活の質も一段上がりそうですね。
さらに、調理方法については、効果的な食べ合わせの調理法や、食材別の下ごしらえと保存法などの技術を習得できます。

飲食業界の方や、美容業界、医療、福祉関係の方が、もっていると仕事に役立てられそうな資格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です