鉛筆デッサンマスター認定試験口コミ評判

デッサン

鉛筆デッサンはどんな絵を描くにも基本と言われ、美術部や関連する学科を専攻されていた方は鉛筆デッサンから始めたという方も多いのではないでしょうか。
芸術に興味を持つ方はもちろん、他の業界でも役立つシーンが多々あります。
幅広く応用を利かせることができるのも鉛筆デッサンの人気の理由です。

鉛筆デッサンマスターとは

色を使わず白黒だけで表現する鉛筆デッサンは観察力、センス、デッサン力が問われる大切な技術です。
質感、明暗、彩度、構図、空間把握が必要となります。この技術はあらゆる芸術に必要とされるもので、必須の能力と言えます。
絵画や油絵、水彩画でも必要な技術で、ベースとなる鉛筆でのデッサンはとても重要です。
風景画などは特に顕著で、質感、明暗、彩度、構図、空間把握の技術を持って正確に風景を切り取ったデッサンをする必要があります。
鉛筆デッサンマスターとはそういった技術を持っていると認定された人を言います。
試験に合格するレベルの水準としてグラスの透明感を表現できるという技術が基準となります。
グラスの透明感を表現できれば鉛筆デッサンマスターとして一人前と認めらます。上手なグラスが描けるようになれば、デッサンの理論や技術を習得し、様々な対象を描く事ができるといって良いでしょう。

鉛筆デッサンマスター認定試験の口コミ

仕事のために受験するというより、趣味の充実を計るために学習する方が多いようです。
趣味で絵を描いている方の更なる上達のための学習が結果として資格取得に結びついています。
資格を取得したのをきっかけに更に学び、教室を開き収入を得る方もいます。
鉛筆デッサンの応用の幅は広く、趣味から取得された方も偶然に仕事で役立つ場面に出くわす事もあるようです。デッサンは人に伝えるための技術が身につくので、思わぬ場面で活躍できる可能性があります。
映画やドラマなどの作成は絵コンテという鉛筆で描く流れを指示するものがあります。服飾のデザインも質感や明度などを正確に描写する技術が求められます。
インテリアや建築関係のデザイナーにも必要になる技術でもあります。
漫画家やイラストレーター、アニメクリエーター以外も仕事でもこれだけ仕事に応用できるのが芸術やデザインの基本である鉛筆です。
パソコンを使ってデザインをする仕事をされている方も、鉛筆デッサンマスターの試験を通して、デッサンの基本を学び、パソコンのデザインに活かせているという口コミもあります。
また、定年を向かえ、人生を彩る為のツールとしても根強い人気があります。
スケッチブックに公園やペット、旅行先の思い出をのんびり描くのが楽しみという方は、試験を通しデッサンに関する知識を学んだ事により上達を感じられたとのことでした。

鉛筆デッサンマスター認定試験の概要

試験は在宅受験の形を採用しているので、忙しい方や、北海道や沖縄などの遠方に在住の方でも受験しやすくなっています。
試験を主催している日本デザインプランナー協会のホームページから受験の申し込みをします。
申し込みをすると日本デザインプランナー協会から試験問題と解答用紙が郵送されてきますので、受け取りの際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価を得られれば合格となり、晴れて鉛筆デッサンマスターとして認定されます。
団体に代金を支払い、申請をする事で合格認定証や認定カードを発行してもらうこともできます。
また、通信講座の中には受講し、卒業課題を提出することで卒業と同時に試験免除で鉛筆デッサンマスター絵画インストラクターの2つの資格を取得できるものもあります。
デッサン資格  デッサン資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です