音楽療法インストラクター認定試験口コミ評判

音楽療法

音楽を聴くことによって心が落ち着いたり、眠りやすくなったり、やる気を起こさせたりと効果を体感したことがある方も多いかと思います。
音楽には精神的不安を緩和させ、薬などを用いることもなく開放に導く効果が期待できます。
今、音楽のそういった効果を利用した音楽療法が様々な人や企業に注目されています。しかし音楽療法の知識を持つ人は多くはなく、インストラクターが不足しているのが現状です。

音楽を用いた療法のメリット

音楽に何らかの効果を実感したことがあるという人は多いかと思います。
好きな音楽を聴くことで気分転換やストレスの解消に活用してるという方や、より気持ちよく眠るためにリラクゼーションの音楽を用いる方も少なくありません。
音楽には精神的な不安を緩和させる効果があり、また副作用もなく日常に気軽に取り入れやすいメリットがあります。
現代社会においてストレスとは切っても切れない関係にあります。時間に追われる現代ではそんな気軽に活用できる音楽療法は沢山の人が注目しています。
音楽療法インストラクターは音楽療法に興味を持つ人々に教えることができる能力を持った人のことをいいます。
現代の需要にぴったりと合った音楽療法に興味を持つ人は多いものの、教えることができる能力を有している人は不足しています。

音楽療法インストラクター認定試験の口コミ

受験者からの評価・評判は高く、取得された方は音楽に対する考え方や、効果の知識が深まった音楽を今まで以上に活用できるようになったなどの感想や口コミが多く見られました。
音楽療法や音楽に対する知識、空間の演出のテクニックを学ぶことができ、インストラクターとして知識を用いてアドバイスなどをして人を助けたいという人にぴったりの資格といえるようです。
また、音楽の持つ力を広めたいカルチャースクールなどで講師として活動したいといった口コミもあり、音楽の力自体を広めて行きたい、独立したいと考える方も受験されています。
受験者の多くはもともと音楽が好きという方が多く、自分が音楽によって救われてきたという経験を持つ人が多いようです。
その経験から音楽の持つ力に興味を持ったというケースが多いのですが、資格の活用方法はそれぞれ多岐に渡っています。
街中には様々な音楽に溢れており、日常の生活で音楽を聴かない日は無いといっても過言ではありません。音楽の持つ応用力は幅広く、様々なシーンに役立てることができます。
人の心に直接作用する音楽は現代社会に最早無くてはならない存在です。
その為、音楽療法インストラクターの資格は様々な人や企業から需要が高く、益々増えていくことが予想されています。

音楽療法インストラクター認定試験の概要

音楽療法インストラクター認定試験は日本インストラクター協会が主催する認定資格です。
試験は在宅受験が可能となっており、忙しい方や遠方に在住する方からも気軽に挑戦できると好評です。
受験料は10000円で、書類を受け取る際に代引きの形で支払います。
申し込み、支払い、回答、結果と全て自宅で完結するのは時間に追われる現代人には嬉しい制度ですね。
合格ラインは70%以上の評価となっていますので、しっかり勉強して試験に臨みましょう。
また、通信講座の中には卒業課題を提出する事で卒業と同時に試験免除で音楽療法インストラクターメンタル心理ミュージックアドバイザーの2つの資格を取得できるコースもあります。
音楽療法資格  音楽療法資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です