贈り物にも仕事にも♪フラワーアレンジメント花資格ランキング

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントを習っている人は多いですが、より身近に、より楽しく学びたいなら、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。花は自分も相手も美しく見せ、場を明るくしてくれます。人気のフラワーアレンジメント・花資格をランキングにしました。

1位  フラワーアレンジメントデザイナー

日本デザインプランナー協会が主催の資格です。フラワーアレンジメントの知識を持ち、イベントや式典、インテリアなどの、いろいろなシーンにアレンジできる技能を取得した人が認定されます。 各種飾花業界、インテリア業界などを目指す人には必須といえるでしょう。フラワーアレンジメントデザイナーは2ヶ月に1回試験があり、在宅で受験可能です。社会人でも気軽に受けることができるので、人気があります。たとえば花材の見分け方から、用具の適切な使用方法、花材の扱い方やアレンジの手順などを知り、応用できるかどうかが重要となります。オリジナルデザインの花は、家でもお店でも人目をひくこと間違いなしですから、花好きな人はぜひともとりたい資格ですね。

2位  飾花インストラクター

飾花インストラクターは、日本インストラクター協会が認定している資格です。花器や花に対しての知識、フラワーアレンジメントの技巧を習得した人が認定されます。フラワーアレンジメントに興味があり、オリジナル作品をつくって販売などしたい人にはおすすめの資格です。試験は2ヶ月に1回あり、受験資格などはとくにありません。気軽に受験できますので、お花が好きで、仕事にしたいと考える人は通信教育から始めてみても良いですね。自宅で趣味にするのもよし、友達に教えてあげるのもよし、副業としてフラワーアレンジメントを販売するのもよし、いろいろと幅広い活躍ができそうです。

3位  フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士は、都道府県職業能力開発協会が実施する技能検定制度の一種で、国家資格です。生花を主として、ブライダルブーケ、パーティーなどの飾りなどフラワー装飾技能を証明する資格です。1級から3級まであり、それぞれ上級技能者、中級技能者、初級技能者と位置づけられています。こちらは受験資格があり、一番下の3級でも実務経験が必要となります。

4位  NFDフラワーデザイナー

日本フラワーデザイナー協会(NFD)が認定するのがNFDフラワーデザイナーです。花に日ごろから親しみ、花を心から愛する人たちにフラワーデザインを普及し、技術や知識の向上を目指すのが目的です。この資格は、合格すると3級、2級、1級と認定が行われます。
フラワーデザイナーは、花屋さんや、アーティスト、レッスンプロなどになって楽しく学び、遊び、働くことで花と一緒の人生を歩めます。

5位  プリザーブドフラワーアドバイザー

フラワーエデュケーションジャパンが主催する資格です。プリザーブドフラワーアドバイザー検定をうけ、試験に合格したものがプリザーブドフラワーアドバイザーとして活動できます。試験は2月、6月、10月の年3回となっています。指定のテキストによる学習が必要です。たとえば、テーピングはどのような場面に必要か、保管方法はどのような方法があるかなどの疑問から、花の歴史まで多岐にわたった知識が盛り込んであります。

まとめ

フラワーアレンジメントの知識と資格があれば、友達に素敵なプレゼントが贈れますし、お花好きの仲間もできますね。玄関にお花が一つ飾ってあるだけで、とてもはなやかな気持ちになれます。フラワーアレンジメントの資格取得は幸せな生活の一歩となるでしょう。
フラワーアレンジ  フラワーアレンジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です