音楽で癒しを♪音楽資格ランキング

音楽療法

ノーミュージックノーライフ!毎日の生活に音楽が欠かせない人は多いですね。いま、その音楽の持つ癒しの力が注目されています。胎教から、高齢者まで、幅広く楽しめるのが音楽の魅力です。人気急上昇の音楽資格をランキングにしてみました。

1位  メンタル心理ミュージックアドバイザー

メンタル心理ミュージックアドバイザーは、日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定している資格です。
音楽の癒し効果を理解し、心と身体の健康を維持できる能力を有する人が与えられる資格です。音楽を聴くと、とてもうきうきした気分になったり、逆に落ち着いた気持ちになったりしますよね。その心理的効果を活かしたアドバイスができるのが、メンタル心理ミュージックアドバイザーです。悩みを持つクライアントの相談を受け、その状態をよくできるような音楽を提案したり、問題解決のためのアドバイスをしたりします。
音楽には好き嫌いがありますから、必ずしも毎回同じ症状で同じ診断ができるとは限りません。また、コミュニケーション能力も必須となります。カウンセラーと共通する部分も多いですが、こちらはメンタルだけではなく音楽を知識も必要となってきます。
音楽に興味があり、かつその力を使って何か社会貢献を考えているなら、メンタル心理ミュージックアドバイザーは最適な資格です。福祉関係や医療関係、リハビリ施設などでも需要があります。
2ヶ月に1回、試験があり、在宅のまま受験が可能です。忙しい人にもおすすめの資格です。

2位  音楽療法インストラクター

音楽療法インストラクターは、日本インストラクター協会が主催している資格です。
身近な音楽の歴史や効果などを知り、ライフスタイルにおける音楽の重要性を考え、その利用方法を身に着けた人が認定されます。こちらも2ヶ月に1回の試験が行われており、在宅受験が可能です。
音楽は集中力を高めるうえ、人と人とのコミュニケーションを円滑にします。音楽療法インストラクターはその作用を知識としてみにつけ、音楽を使って、日常に癒しを与える空間を作り出すことを目指します。今の心の状態に寄り添った音楽を聴いてリラックスするだけではなく、家、オフィスなど、さまざまな空間で、落ち着いた空間をつくることができます。どのような職場でも、音楽が存在するならば必ず役に立つでしょう。

3位  音楽療法士

音楽療法士は、日本音楽療法学会が認定している資格です。全国に存在する、学会の認定校において必要なカリキュラムを終了すると、音楽療法士試験の受験資格を得ることが出来ます。また、どうしてもそれらの履修が難しい場合、一般コースとして、必修講習会と呼ばれる2年半にわたる講習会を開催しています。日本では、専門職としての音楽療法士はあまり普及しておらず、まずは音楽療法士の意義を普及するための資格試験といえます。臨床に重きをおいており、幅広い知識や技能が必要となります。

まとめ

落ち込んだとき、音楽で励まされたことがある人や、仲間と音楽で繋がった経験がある人は、そのパワーを十分理解しているでしょう。さらなる知識をつけ、資格を取ることによって、大好きな音楽をさらに上のステージまで連れて行くことができます。あなたの生活のいろいろな場面でその力を発揮するはずですよ。音楽療法の資格は、通信講座から始めるのが近道です。誰でも楽しみながら資格を目指せるので、興味のある人はぜひチャレンジしてみましょう。
音楽療法資格  音楽療法資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です