CADデザインマスター認定試験口コミ評判

cad

CADとは設計図や図面を描くことができるパソコンのツールのことをいいます。
CADは世界標準CAD・AUTOCAD・JWCADなどの様々な種類があり、それらの使い方を学び、また実際にCADを使ってデザインができる人をCADデザインマスターといいます。
フリーランスとしても講師としても活動することができます。

CADデザインマスター認定試験の口コミ

建築業界だけでなく機械、電気、土木業界へ就職されたい方にもオススメの資格です。
CADデザインマスター認定試験を通して建築業界に更に詳しくなれた、本格的に勉強するきっかけになったなどの口コミがあります。
CADの知識が必要な職場では業務上即戦力になれたなど評価が高い認定資格試験です。
インターネット、パソコン技術が発達したことにより建築業界においてもパソコンを使った設計など発展しています。今後更にインターネット、パソコン技術は発展が予想されます。建築業界に従事される方は取得されると今後も有利な資格です。
また、クラウドコンピューティングの発達により在宅ワークとしても注目されています。受注の際、クライアントに有資格のスキルをアピールできます。
転職の際に面接でCADを扱えますとアピールするのに役立ったとの口コミや、効率良く仕事をするのに役立ったとの評価もあり、仕事をするにあたって好評のようです。

CADデザインマスターの仕事

CADとはcomputer aided designの略でコンピュータ支援設計とも呼ばれています。人の手作業によって行われていた設計作業をコンピュータによって支援し、効率を高めます。
同じ図面を何度も修正できたり、計算を自動的にしてくれたりと、設計の作業を大幅に短縮し合理的にしてくれるシステムで設計の世界ではなくてはならない存在となっています。
能力次第でフリーランスのCADオペレーターとして活動することができます。
建築士などの設計のプロが作った設計図を元に、依頼した施主、電気や水周りなど各部門の業者で打ち合わせをします。打ち合わせをすると変更する設計箇所が出てきます。その変更を一つ一つ訂正するのがCADオペレーターの仕事です。
特殊なスキルということもあり、副業としても単価がその他の案件と比較しても高い傾向があるためクラウドソーシングを利用して副業される方も多くいます。
CADは副業ランキングでも上位にランクインすることからも人気の高さが伺えます。案件はトレースや図面修正といった業務が主流です。

CADデザインマスター認定試験の概要

この試験は在宅受験の形を採用しているため、忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に住む方でも受験しやすくなっています。
日本デザインプランナー協会のホームページから受験申し込みをします。
申し込みを済ますと後日、日本デザインプランナー協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。受け取る際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価で合格となり、晴れてCADデザインマスターとして認定されます。
また、団体に代金を支払い申請すると合格認定証や認定カードなどが発行されます。
通信講座の中には講座を受講し、卒業すると試験が免除され建築CADインストラクターCADデザインマスターの2つの資格を取得できるものもあります。
CAD資格  建築模型・住宅模型資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です