POPデザイナー認定試験口コミ評判

pop

まずPOPとはPoint of purchase advertisingの略称です。雑貨店やゲームを扱うお店などでよく見かける商品の価格やアピールポイントなどが書いてあるものを指します。
個性的なフォントで書き上げられ、更にイラストなどが手書きされています。
POPは高い販売促進の効果を持ち、もの言わぬセールスマンとも言われています。

POPデザイナー認定試験の口コミから見る人気の理由

POPデザイナー認定試験が人気な理由に、資格の応用が幅広く利くことが挙げられます。
POP広告は商品を販売するお店ならどんな業界でも活用できます。小さな個人店から大きなチェーン店まで、POPが使われているお店ならどこでも知識が活かせます。
商品の売れ行きからPOPの効果を実感しやすいのも人気の理由です。
実感しやすく、大きなやりがいを持てるのも人気の理由に繋がります。
現在働いている方も、業務としてPOPを書くことがあります。そういった方ももっと上手に書きたい、スキルアップしたいと受験される方もいます。
目を引く色の使い方やイラスト、フォントを学べるので、POP制作の技術の上達が分かりやすいのも好評のようです。

POPの基本と目的

POPの基本はお客様に見てもらうこと、書いた商品の内容を伝えることです。
お客様の興味を引くことができたら、POPの内容で購買意欲を誘います。POPから良いなと思ってもらい、商品を手に取ってもらうこと、購入してもらうことが目的になります。
初めはオススメしたい商品や売りたい商品に興味を持ってもらう必要があります。そのためにはまず注目を集めなければなりません。
目立つ色の組み合わせや、イラスト、大きさや形も重要になります。
くずした文字も親しみやすいですが、くずしすぎては逆にイメージダウンに繋がります。
また、その商品のイメージを簡潔に表現しなくてはなりません。表現は背景や文字色、イラストやフォントを使い限られたスペースで伝えます。
例えば映画のDVDなら悲しいイメージなのか、楽しいイメージなのかなどです。そういった感情も表現します。
POPは誰にでも書けます。しかし、注目されるPOPが書けるかというと必ずしもうまくいくわけではありません。それが資格を持ったプロとの違いになります。

POPデザイナー認定試験の概要

試験は在宅受験の形を採用してますので、忙しい方や遠方の方でも受験しやすくなっています。
日本デザインプランナー協会のホームページからアクセスし、受験申し込みをします。
申し込みをしますと、問題用紙と解答用紙が日本デザインプランナー協会より郵送されてきます。問題用紙と解答用紙を受け取る際に、代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送で提出します。
70%の評価を得られればPOPデザイナーとして認定されます。また、団体に代金を支払い申請を行うことで合格認定証や認定カードなどを発行してくれます。
勉強方法は独学でされる方もいますが、初めてPOPデザインに触れる方は通信講座を受講する方が多いようです。
CGイラストのデザインやレタリング、キャッチコピーからプランに誘導するなど、POPに関する様々な知識、技術が問われます。
自分の能力に合った勉強方法でしっかり準備して受験に臨みましょう。
POP広告資格  POP広告資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です