POPライターインストラクター認定試験口コミ評判

pop

POPライターインストラクターとは、ビジネスで使用するデザインの技術や手法、制作するまでの流れまでの知識を持ち、人に教えられると認定されると与えられる資格です。
販売業に従事されている方には特に有利な資格です。また、認定後は独立し講師として活動することも可能です。

POPライターインストラクター認定試験の口コミ

POP広告は小売店やドラッグストアなどの店舗でよく利用されていますが、POPは店舗だけでなくインターネットショップのバナーやロゴにも利用されています。
店舗のある販売業以外でも個人でインターネットショップを運営される方もビジネスデザインが学べると人気があります。
POP広告ひとつで売り上げが大きくかわることも多く、消費者の購買意欲を掻き立てる良質なPOP作成ができるPOPライターはどの業界でも需要が多くあります。
POPが使われる店ではどのジャンルの業界でも需要があるため、小売店やドラッグストアから、アパレル業界など様々な職種の方が受験されています。
競争の激しい販売業で、他との差別化を計ることができます。
また、在宅ワークとしても人気があります。在宅ワークの募集にPOP広告の作成など多数あり、1枚100円~1000円が相場の高単価の案件です。
1時間で10枚程度の作成が可能で、時給に換算すると高時給の副業になります。
材料も紙とペンだけなので手軽に、費用もかけず隙間時間にできることから主婦の方からも好評です。

POPライターインストラクター認定試験の概要

POPイメージ広告の作成から印刷までの流れを学び、イメージに演出を加えユーザーに体感されるデザインを制作します。
試験は在宅受験の形が採用されています。インターネットから受験申し込みをし、自宅で試験を受け採点を待ちます。
自宅で全て完結するのも人気の理由のひとつです。
申し込みをしますと、日本インストラクター協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。受け取る際に代引きの形で受験料10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送で提出します。70%以上の評価を受けると合格となります。
また、団体に代金を支払い、申請すると合格認定証や認定カードを受け取ることができます。
合格後は独立することも可能です。インストラクターとしてスクールやセミナーで活動することができます。
勉強方法は独学でされる方もいらっしゃいますが、初心者の方は通信講座を選ぶ方も多いようです。
受講し、卒業したら試験が免除され資格が取得できるのもあるので、自分に合った勉強方法を選択します。

POPライターインストラクターに必要なこと

知識、技術は当然大切ですが、一番はPOPが好きなことが重要です。
趣味ならば飽きたりすれば途中でやめるのも良いのですが、仕事となるとそうはいきません。飽きもありますし、続けていけばスランプに陥ることもあります。
そんな時でもプロとしてのクオリティの作品を仕上げなくてはなりません。仕事ですので納期に間に合わせて完成させる必要があります。
スランプに陥った時など、POPが好きでもなければ辛くなってしまいます。
POPは誰にでも書けますが、仕事になっているのはプロとしてのクオリティが求められているからです。完成度の低い作品を提出していては仕事の依頼に響いてしまいます。
もともとPOPが好き、という感情を忘れず続けることが大切です。
POPライターインストラクター認定試験を受験したときの、将来に向けたワクワクした楽しい気持ちを忘れないようにしましょう。
POP広告資格  POP広告資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です